ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

2017年 WBCにメジャー組が参加可能になる?ダルビッシュ・田中・前田・岩隈・上原が日本代表に!?

      2016/12/11

Pocket

2017年のWBCにメジャー組が参加可能になる?

2016年5月6日のニュースで、

2017年3月に開催予定の第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、大会期間中にメジャーリーガーの参加が限定的に可能となる規定が検討されていることが分かりました。

今までの大会では、大会期間中のメンバー変更は、メンバーの怪我などの場合のみ可能でした。

 

スポンサーリンク

 

しかし今回検討されている規定では、

「各ラウンドごとに2人程度の入れ替え、もしくは追加招集」という形になるのではと報道されています。

WBCでは1次ラウンド・2次ラウンド・決勝ラウンド(準決勝・決勝)と3つのラウンドにわかれているため、

1次ラウンド終了時と2次ラウンド終了時にメンバーの入れ替え、もしくは追加招集が可能になります。

 

もしこの規定が承認されれば、例えば2次ラウンドには前田投手と岩隈投手がいて、2次ラウンドにはダルビッシュ投手と田中投手がいるなんてこともあり得るわけです。

現実的には、ダルビッシュ投手は故障明けですし、田中投手も右肘に不安があるので難しいかもしれませんが。

 

メジャーリーガー限定招集検討の背景

今回のメジャーリーガー限定招集が認められれば、メジャーリーグのスター選手の参加が期待されます。

これまでは、高い年棒のスター選手は怪我などのリスクを恐れ、球団が参加を認めない、もしくは選手自身が参加辞退をすることが多かったです。

WBCでの戦いは約3週間続きますので、シーズン前の大事な時期に力を出し切って、シーズンに入ってから絶不調に陥る選手も少なくありません。

日本代表でも優勝した年のシーズンはイチロー選手をはじめ、多くの選手が怪我や不調に苦しんでいました。

なので1次ラウンド~決勝ラウンドまでの間で、「2次ラウンドだけ」などの参加になれば故障のリスクを軽減でき、選手の負担を減らすことができます。

簡単にいうと「3週間は無理だけど1週間ぐらいなら出てもいいか」という選手の参加を可能にするためですね。

日本はメジャーリーグに優れた投手がたくさんいますから、

ダルビッシュ有投手、岩隈久志投手、田中将大投手、前田健太投手、上原浩治投手、田澤純一投手の中から少しでも参加してくれれば、

国内組の大谷翔平投手や菅野智之投手、藤浪晋太郎投手、則本昂大投手などとの夢のリレーが見られるかもしれませんね。

また、他の国もメジャーリーガーの参加がしやすくなるので、より多くのスター選手が参加することを期待できます。

対戦相手もスター選手を揃えて、本気の世界一決定戦をやってもらいたいですね。

 

ダルビッシュ投手、田中投手、大谷投手のリレーなんて見れたらホントにテンション上がりますよね!イチロー選手にもでてもらいたいなー。

個人的にはこの規定は承認されてほしいです!少しだけでもメジャー組が見られることを期待したいと思います。

WBC 2017年のチケット発売日や値段は?[最新情報]

イチローが2017年WBCに出場できる!けど辞退した方がいい理由とは?

第4回WBC 2017 出場メンバーを勝手に予想!!あの選手は代表入りするか?

2017年 WBC(ワールドベースボールクラシック) 試合日程

2017年 WBC 開催地は? 日本にとってのアドバンテージは?

WBC 2017 メジャー組の参加は? ダルビッシュ・マーくん・岩隈はどうなる??

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 野球