ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

高川学園 山野太一の活躍で甲子園初出場!出身中学や他のメンバーは?

      2016/12/10

Pocket

 

山口県の高川学園がMAX145キロ左腕の山野太一投手(3年)の活躍もあり、春夏通じて初の甲子園出場を決めました!

エースの山野太一投手は、2回戦以降は全て完投、宇部商業や長門などを完封するなど、甲子園での活躍に期待が高まります。

そこで、山野太一投手や他の主力メンバーの出身中学や経歴などを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

高川学園 山野太一投手について

山野太一 高川学園高校3年 投手 左投げ左打ち

高川学園中学出身。

昨夏からエースとして背番号1をつけていたが、昨夏は準々決勝で宇部鴻城にコールド負け。

今夏は宇部鴻城相手に決勝戦で2失点完投。

しかし、入学時には身長159センチ、体重50キロだった体格が、夏前には170センチ、70キロに成長。

MAX138キロの球速も今夏の山口大会で145キロに大幅アップ。

プロ注目の本格派左腕。

 

高川学園の主力メンバー

この代の高川学園は、山口県の1年生大会で優勝しています。ということは1年生のときから甲子園に行ける可能性は十分あったということです。

1年生大会で優勝したときは山野投手はエースではなく、山崎悠大選手がエースとして活躍していました。

その山崎選手は、3年の夏の大会では捕手として出場しています。山野投手が成長してからコンバートしたのでしょうか。しかし山崎選手も130キロを超える速球を投げるので、もしかしたら登板もあるかもしれません。

ちなみに山崎悠大選手も高川学園中出身のようです。

他には4番の石丸隆哉選手も高川学園中出身のようです。

 

また相田聖人選手は1年生大会のときには4番を打っていました。今夏の宇部鴻城との決勝では3番を打っていて、高川学園の攻撃の要と言えそうです。

相田選手は大阪の北中学校出身という情報がありました。

他には1番を打つ大江駿介選手は福岡の柳西中学校出身、三塁手の朝田走選手は大阪の中百舌島中学校出身のようです。

けっこう県外出身の選手もいますね。高川学園は私立なので選手を集めているのでしょうか。

去年の夏から、山野投手、山崎選手、相田選手、石丸選手、朝田選手の5人はレギュラーで試合に出ていたようなので、経験も豊富だと思います。

1年生大会でも優勝していますし、このあたりの選手が今年も中心になって、チームとしての完成度は高そうです。

 

監督は金本監督の後輩 藤村竜二監督

高川学園の監督である藤村竜二監督(46)は、東北福祉大学の野球部出身です。このときの1つ上の先輩には現阪神タイガースの金本知憲監督、

元メジャーリーリーガーの斎藤隆氏らがいます。

藤村監督になる以前には、中野泰造氏や息子である中野智弘氏が高川学園の監督を務めていました。中野泰造氏は元東亜大学野球部の監督で3度の神宮大会優勝という実績を残しています。

藤村監督は今夏で退任が決まっていますので、甲子園で有終の美を飾れるか注目です。

 

甲子園 2016年夏の出場校一覧まとめ【速報】

八王子高校野球部メンバー紹介!これは甲子園出場も納得!

常葉菊川の甲子園メンバー 2016 出身中学やシニアは?

大阪桐蔭の1年生がすごすぎる!!出身中学やシニア、メンバー紹介!

クラーク国際野球部 甲子園出場!メンバーや監督は?

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 野球