ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

創志学園野球部のメンバー紹介!髙田萌生中心に甲子園優勝なるか!?

      2016/12/10

Pocket

 

岡山県の私立・創志学園が2016年春の選抜に続き、夏の甲子園出場を決めました。

注目は最速154キロの髙田萌生投手(3年)ですが、それ以外のメンバーも含めて、

創志学園野球部のメンバーの出身中学や注目選手を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

岡山・創志学園野球部 2016年夏のメンバー

玉野光南との決勝戦でのスタメンメンバーは以下の通りです。

1番レフト 難波侑平(2年) 岡山・操南中 岡山シニア出身

2番ショート 北川大貴(3年) 大阪・東大阪枚岡中 東大阪シニア出身

3番ライト 高井翔(3年) 広島・庚午中 高陽シニア出身

4番セカンド 湯井飛鳥(3年) 大阪・大正東中 大正ボーイズ出身

5番センター 草加稔(3年) 岡山・和気中

6番ファースト 藤瀬幹英(3年) 大阪・茨木北陵中 ニューヤンキース出身

7番キャッチャー 藤原駿也(1年)  岡山・東山中

8番ピッチャー 髙田萌生(3年) 高知・明徳義塾中

9番サード 麻生竜也(2年) 兵庫・姫路林田中

 

途中から

9番サードに本田竜真(3年)兵庫・西宮塩瀬中

7番キャッチャーに小林勇輝(2年)兵庫・南武庫之荘中 

が入っています。

投手はやはり髙田萌生投手が中心で、3回戦から4試合連続で完投しています。それ以外の試合では、レフトを守る難波選手と、2年生の秋山竜彦選手が登板していました。

髙田投手は最速154キロの速球を投げ、投球フォームがプロ野球の松坂大輔投手にそっくりなことから、「松坂2世」とも呼ばれています。

松坂選手の高校時代の球速よりも速いですが、春夏甲子園連覇、PL学園との死闘、明徳義塾に大逆転勝ち、決勝でのノーヒットノーランなどを果たした

松坂選手のように、多くのファンの記憶に残るような投球ができるでしょうか。

 

キャッチャーは背番号12の1年生・宮崎駿也選手。1年生とは思えない強肩と、視野の広い判断力、リードが持ち味のようです。

長沢監督いわく、打撃のよい2年生の小林選手(背番号2)と見極めながら起用していくそうです。

ドラフト上位候補の髙田投手を、甲子園で1年生がどのようにリードするのか見物ですね。

 

打撃陣は、難波侑平(2年)、北川大貴(3年)、高井翔(3年)、湯井飛鳥(3年)上位4人がカギとなりそうです。岡山大会でも集中打でリードを広げる場面が多く、1番~4番がつながると非常に恐い打線です。

岡山大会での決勝でも玉野光南相手に、1番難波選手のゲッツーと思われた判定が自打球に覆りました。そこから難波選手がライト前、2番北川選手がレフト前に運び、最後は3番高井選手の内野安打で大逆転をしました。

 

甲子園でも髙田投手を中心に、つながりのある勝負強い打撃で上位進出を期待したいです。

 

2016年夏の甲子園 出場校が決定!!代表校一覧

松山聖陵高校野球部 アドゥワ誠の出身は?母親はバレーボール選手!

クラーク国際野球部 甲子園出場!メンバーや監督は?

常葉菊川の甲子園メンバー 2016 出身中学やシニアは?

横浜高校野球部 2016夏のメンバーと出身中学紹介!

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 野球