ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

日本ハム 大谷翔平が日本最速163キロを記録!!メジャーや歴代の最速投手は?

      2016/12/10

Pocket

 

プロ野球日本ハムの大谷翔平投手が6月5日の巨人戦で日本最速となる163キロを記録しました!

4回1死満塁、相手打者クルーズの場面でど真ん中に投げたボールが163キロを計測。

この日本最速のボールをクルーズ選手はバットに当てファウルにしました。

そして次の球に122キロのスライダーを使って三ゴロ併殺打に仕留めピンチを脱しました。

 

スポンサーリンク

 

日本の歴代の最速投手は?

 

メジャーリーグの最速投手は?

1位 171キロ チャップマン(現ヤンキース)

2位 167キロ ジョエル・ズマヤ(元デトロイト・タイガース)

         A.J.バーネット(元マーリンズ)

         ボビー・パーネル(現デトロイト・タイガース)

5位 166キロ ノーラン・ライアン(元エンゼルス) 他5名

メジャーの記録にはスピードガンなどの違いで非公式記録も含まれていますが、とりあえずメジャー最速投手はチャップマンで間違いありません。

ジョエル・ズマヤ投手は高校時代には130キロ出ていなかったらしいので、そこから球速が167キロまで上がったなんてすごいですね!!一体どんなトレーニングをしたのか。ちなみにこの167キロはスピードガンの違いによって公式記録にはなっていません。

メジャーには大谷選手を上回る選手がたくさんいますね。日本最速の大谷選手でもベスト5に入れないとは・・・メジャー恐るべしですね。

ただ、メジャーのスピードガンは日本のものとは少し違うらしく、球速が出やすいようになっているという話もあります。

レッドソックスの上原浩治投手や元メジャーの斎藤隆氏が40歳を超えても球速が衰えなかったのは、こうしたスピードガンの違いもあったのかもしれません。

 

日本の歴代最速投手

1位 163キロ 大谷翔平(日本ハム)

2位 162キロ クルーン(元巨人)

3位 161キロ 由規(ヤクルト)

4位 林昌勇(元ヤクルト)、マシソン(巨人)

他には伊良部秀輝やダルビッシュ有投手などが159キロを計測しています。また故尾崎行雄氏もスピードガンはありませんでしたが160キロは出ていたとの伝説もあります。

ちなみに左腕最速は157キロの菊池雄星投手(西武)です。

 

おまけ 日本の最遅投手は?

最後に剛速球とは真逆の最遅投手も紹介したいと思います。

多田野数人(元日ハム)のスローボール

ときおり投げるスローボールがテレビ画面から消えるほど高くあがり、スピードガンにも表示されないくらい遅かったです。球速は50キロぐらいと言われています。

 

星野信之(元オリックス)のスローカーブ

80キロ台のスローカーブが代名詞である元オリックスの星野信之氏。あまりにも遅すぎてキャッチャーに素手でボールを捕られたこともあります。

そのため130キロ台のストレートにもかかわらず、対戦した梨田昌孝や清原和博、初芝清らからは「星野さんのストレートが一番早く感じる」とも言われていました。

最近の甲子園でも超スローボールを投げて有名になった選手もいましたね。(東海大四高の西嶋投手)

 

 

今年は野手として絶好調の大谷選手ですが、投手としてもものすごい記録を残しましたね!

もうスケールが違いすぎます!ただ163キロをバットに当ててしまうバッターもすごいですね!!

試合後のインタビューでは、「ファールにされたので手応えがなかった」、「最後のベースカバーのミスが心残り」と今回の登板に70点という自己採点をしていました。

速い球を投げても質がないということでしょうか。実際に大谷投手の160キロ越えのボールはバットに当てられる場面が目立ちます。さらにストレートの質を高めれば、本当にとんでもない投手になるでしょう。日本記録を出しても決して満足しない姿に、今後のさらなる進化を期待できますね。

 

2017年WBC 日本のスタメン予想!メジャー選手参加の場合も含めて

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 野球