ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

錦織圭の年収は36億円!他にはどんなアスリートがいる?

      2016/12/10

Pocket

錦織圭の年収は36億円!

アメリカの経済誌「フォーブス」で、2016年版の錦織圭選手の年収が約36億円と発表されていました。

36億円ですよ・・・とんでもないですね!!

ランキングでは世界のアスリート部門で29位にランクインしていました。

錦織圭選手は2016年で27歳になります。27歳で36億円て・・・自分の年収が小銭以下に思えます。

 

スポンサーリンク

 

でもなんで錦織圭選手がこんなに稼いでいるのでしょうか?

 

実は本業のテニスでの賞金は1年に3億~4億円ほどなんですね。残りの9割はスポンサーやCMなどの広告料ということになります。

錦織選手と言えば「ユニクロ」をイメージする方が多いかもしれません。テニスの試合では必ずユニクロのウェアを着ていますね。

そのユニクロからのスポンサー料が1年に12億円とも言われています。錦織圭選手がユニクロに与える経済効果が数百億円とも言われているので、このぐらいのスポンサー料は当然と言えば当然かもしれません。

他にも錦織圭選手は20社近くの企業とスポンサー契約をしているので、それらを合計すると年収36億円ということですね。

 

年収36億円クラスには他にどんなアスリートがいる?

錦織圭選手の年収は世界のアスリートの中でも29位にランクインしています。

1位はサッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手の94億円、テニスだとロジャー・フェデラー選手が74億円で4位にランクインしています。

錦織選手の年収36億円に近いアスリートでは、

テニス:ラファエル・ナダル選手 約40億円(22位)

サッカー:ネイマール選手 約40億円(22位)

バスケ:デリック・ローズ選手 約37億円(28位)

陸上:ウサイン・ボルト選手 約35億円(32位)

野球:クレイトン・カーショー 約34億円(33位)

など世界のトッププレイヤーたちがいます。

錦織圭選手はあのウサイン・ボルト選手よりも年収が上なんですね。またメジャーリーガーのスーパースターよりも稼いでいます。

ちなみに日本人アスリートでは錦織圭選手が年収ランキング1位です。

2位はメジャーリーガーの田中将大選手です。(約24億円)

イメージでは野球やサッカー、そしてアメフトなどの選手が稼いでいると思っていましたが、

テニスもかなりすごいですね!それだけ世界で人気のあるスポーツということでしょう。

またテニスは1人の選手がずっとテレビに映っているので、使用しているウェアや道具がかなり注目されるのも大きいかもしれません。

 

錦織選手は1年で36億円稼いでいながら、実はあまりお金を使うことに興味はないようです。

そこがまた好感度アップですね。

練習拠点にしているアメリカに1億円の豪邸を購入した(キャッシュで)という情報もありましたが、それ以外はあまりお金を使っていないみたいです。

将来的には財団を立ち上げて子どもたちにテニスを指導するために、貯蓄をしているとの情報も。

もうすごいとしか言いようがありません。僕なら豪遊です。

2016年はオリンピックで銅メダルを獲得したことにより、スポンサーからのボーナスが合計8億円とも言われています。

この様子だと次の年収ランキングではさらに上位に食い込むかもしれませんね!

 

世界のセレブ番付2016 フォーブス誌の結果一覧!

スポーツ長者番付2016 一覧!あのアスリートが年収94億円!

世界長者番付2016 資産トップは3年連続ビル・ゲイツ!

イチローの年収はいくら?他の日本人メジャーリーガーは?

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - スポーツ ,