ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

常葉菊川 森下知幸監督の経歴!甲子園優勝、セクハラや甲子園前の退任など

      2016/12/10

Pocket

 

2016年夏の甲子園に静岡の常葉菊川高校が出場します。

静岡大会の決勝・準決勝ではともに12対0で圧勝するなど、2007年に選抜優勝、2008年夏に甲子園準優勝したときのような活躍が期待されます。

しかし、甲子園出場を決めた翌日、野球部監督の森下知幸監督が突然の異動を発表しました。

 

スポンサーリンク

 

常葉菊川高校野球部 森下知幸監督の経歴

森下知幸 1961年3月21日生まれ(55歳) 静岡県出身。

右投げ右打ち、ポジションはセカンド。

高校時代、浜松商業の主将として1978年春の選抜で優勝、2番セカンドでレギュラー。(浜松商業唯一の甲子園優勝)

高校卒業後は中部電力に入社し、社会人野球で活躍。

1981年に母校である浜松商業のコーチに就任。

1989年、日大三島高校の監督に就任。

2002年、高校時代の監督で当時常葉菊川の監督を務めていた磯部修三氏に招かれ常葉菊川のコーチに就任。

2006年8月、磯部修三監督の後任として常葉菊川の監督に就任。磯部監督は総監督に就任。

2007年の選抜に出場。現横浜DeNAの田中健二朗投手を擁し、「バントをしない超攻撃野球」で選抜優勝。

2008年夏の静岡大会前に、週刊誌に森下監督が女性記者へセクハラをしていたと報道され謹慎。佐野心野球部部長(元中日ドラゴンズ)が指揮をとり甲子園ベスト4。

2009年夏に現ヤマハの戸狩聡希投手や町田友潤選手らを擁して甲子園準優勝した直後の9月に監督復帰。佐野心氏は部長に戻る。

2013年春の選抜と夏の甲子園にも出場。

2016年夏の甲子園出場を決めた翌日に退任発表。

2016年8月から私立御殿場西高校の野球部監督に就任。

御殿場西高校は2016年夏の静岡大会3回戦で浜松開誠館に敗れています。この浜松開誠館は偶然にも、森下知幸監督の高校時代の監督である磯部修三氏が監督、そして常葉菊川で森下監督が謹慎後に監督を務め夏の甲子園準優勝を果たした佐野心氏が野球部部長を務めています。

この浜松開誠館も今後注目かもしれません。

 

常葉菊川高校野球部 森下知幸監督が突然の異動発表

7月27日の静岡大会決勝で甲子園出場を決めた常葉菊川の森下知幸監督ですが、翌28日に7月31日をもって退任することを発表しました。

退任の理由は、8月から同じ静岡県の御殿場西高校の監督に就任するからのようです。後任監督には同校OBで2004年の選抜にエースとして出場した野球部副部長の高橋利和監督が就任します。

前々から決まっていたようですが、部員や保護者には伝えられていなかったようで、「森下監督を日本一にする」と決めていた4番の栗原健選手は涙を流していたようです。

甲子園前の退任は異例中の異例で、ネット上では

「無責任だ」、「今年のチームは甲子園に行けないと思っていたということ」など、批判的な意見が目立ちました。

 

栗原健選手のコメントにもあるように、選手からは信頼されていたようなので、動揺やショックは大きいでしょう。甲子園での戦いに影響が出ないか心配です。

何はともあれ、常葉菊川高校野球部の選手には、「バントをしない超攻撃野球」で甲子園を盛り上げてもらいたいです。

 

常葉菊川の甲子園メンバー 2016 出身中学やシニアは?

甲子園 2016年夏の出場校一覧まとめ【速報】

大阪桐蔭の1年生がすごすぎる!!出身中学やシニア、メンバー紹介!

クラーク国際野球部 甲子園出場!メンバーや監督は?

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 野球