ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

レスリング 川井梨紗子の父や母は?階級変更でリオオリンピックへ!!

      2016/12/10

Pocket

 

リオオリンピックの女子レスリング63級に出場する川井梨紗子選手。

レスリングと言えば、今回のリオオリンピックにも出場する吉田沙保里選手や伊調馨選手のイメージが強いですが、

川井梨紗子選手も、まだ若くて実力があり、今後のレスリング界を引っ張っていく存在だと思います。

そんな川井梨紗子選手の、父親や母親、そしてオリンピックに出場するために行った階級変更などについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

川井梨紗子選手のプロフィール 父や母も元レスリング選手

川井梨紗子(かわいりさこ)

1994年11月21日生まれ 22歳

石川県出身 現在は至学館大学に通う現役女子大学生。

父親である孝人さんがグレコローマンレスリングの学生チャンピオン、母親である初江さんは世界選手権で7位になったこともある元レスリング選手です。

川井選手が小学校2年生のときに、母親がコーチを務めるレスリングクラブでレスリングを始めました。

小学6年生のときには全国大会2位、

中学3年生のときには52キロ級で全国優勝。

至学館高校時代にも全国優勝、世界選手権にも出場するなど、幼い頃から日本ではトップレベルで世界大会にも出場していました。

至学館大学に進学すると、主に58キロ級でアジア選手権やワールドカップなどで優勝するなど、オリンピックでもメダルが狙えるほどの強さでした。

 

またの由香子さんと優梨子さんもレスリングをしていて、由香子さんは全日本大会の決勝で梨紗子さんと対戦するほどの実力者です。

 

 

58キロ級から63キロ級への階級変更

58キロ級でワールドカップ優勝など、川井選手は将来のオリンピック金メダル候補として期待されていました。

しかし同じ58キロ級にはリオオリンピックで金メダルが期待されている伊調馨選手がいました。伊調選手に勝たなければ、川井選手のオリンピック出場は実現しません。伊調馨選手には過去3戦3敗と、リオオリンピック出場のためにはものすごく高いハードルでした。

 

そこで、悩んだ末に川井選手は58キロ級から63キロ級に階級を変更します。これによって、最大の敵である伊調馨選手との対決は避けられ、見事リオオリンピック出場を決めます。

ですが、川井選手は58キロ級で伊調馨選手に勝つことを諦めたわけではなく、次の東京オリンピックでは再び階級を58キロ級に戻して出場を狙うそうです。

63キロ級の現在は、世界ランキングで2位になりリオオリンピックではメダル獲得が期待されています。

階級を変更するということは、川井選手の場合は体重を増やさなければなりませんし、体重を管理しながら世界を相手に戦うことは非常に大変なことだと思います。川井選手は、58キロ級に戻ることを考えて63キロギリギリではなく61キロで試合に出場しているようです。

体重が少し軽い状態で試合に出ることは、それだけで不利になりますが、それでもリオオリンピックに出場し、メダル候補とまで言われるのは本当にすごいことだと思います。

今回のリオオリンピックではメダル獲得、そして2020年の東京オリンピックでは最大の敵である伊調馨選手を破って金メダルを獲得してもらいたいですね。

 

高松ペアは不仲ではないのか?バトミントンのリオ金メダル候補の素顔は?

ベイカー茉秋の父親はどこ出身?イケメンだけど彼女はいるの?

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - スポーツ