ジャパタウン

日頃のニュースの気になる情報をお届けします♪

日本ブログ村

花咲徳栄野球部 高橋昴也や他の主力メンバー紹介!

      2016/12/10

Pocket

 

夏の甲子園2016に埼玉代表として出場する花咲徳栄高校野球部。注目はエースの高橋昴也投手(たかはしこうや)です。

高橋投手は夏の埼玉大会で37イニング連続無失点に抑え、横浜高校の藤平尚真投手(3年)、履正社の寺島成輝投手(3年)と並んで

「高校BIG3」と呼ばれています。そんな高橋昴也投手と花咲徳栄の主力メンバーについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

花咲徳栄高校野球部 高橋昴也について

高橋昴也(たかはしこうや) 3年 左投げ左打ち 投手

身長181センチ 体重83キロ

埼玉県の久喜市立栗橋東中学校出身で、久喜シニアに所属していました。中学3年の春には関東大会にも出場しています。

花咲徳栄高校では1年秋からベンチ入り。2年夏には控え投手として甲子園に出場し、好救援で甲子園ベスト8に貢献しました。このときの最速は145キロ。

2016年夏の埼玉大会では、37イニング連続無失点に抑え甲子園出場に貢献。ストレートの最速は152キロ

球速が1年で最速145キロから152キロへ大幅にアップしたことになります。

2016年春の選抜にも出場しましたが、初戦で秀岳館に6回6失点と打ち込まれました。この試合の最速は139キロと、プロから注目はされていましたが、それほどプロの評価は高くありませんでした。

しかし2016年の夏、球速は大幅にアップし、身長も少し伸びたようです。変化球はスライダーとフォークが武器で、左バッターのインコースにも投げ込むことができます。

プロのスカウトたちは口を揃えて「春とは別人になった」「ここまで良くなるとは驚き」と高橋投手の成長に驚いています。

中には「小笠原慎之介(東海大相模→中日)のようだ」「松井裕樹(桐光学園→楽天)のようだ」と評価するスカウトもいます。

 

昨夏のオコエ瑠偉選手のように夏の甲子園で一気に評価を高めて、プロにドラフト1位で入団する可能性もあります。

今年の甲子園は、春から急成長を遂げた花咲徳栄の高橋昴也投手に注目です。

 

花咲徳栄高校野球部 主力メンバー紹介

エースの高橋投手だけではなく、控え投手の綱脇彗投手(2年)にも注目です。春の選抜では高橋投手が打ち込まれた後、秀岳館打線を完璧に抑えました。

球速は130キロ中盤ですが、今後の成長が楽しみな選手です。

花咲徳栄は攻撃にも破壊力があります。埼玉大会では、全ての試合で5点差以上をつけて勝利し、7試合で68得点を記録しています。

その攻撃陣の中心は、不動の3番・岡崎大輔選手(3年)です。身長182センチで身体能力が抜群。プロのスカウトも注目する大型遊撃手です。

昨年、花咲徳栄高校の大滝愛斗選手が埼玉西武ライオンズから4位指名を受けてプロ入りしましたが、岡崎選手も同様の評価を得てプロ入りする可能性があるようです。

岡崎選手も、エースの高橋投手と同じ久喜シニア出身のようです。もしかしたら同じシニアから同時に2人のプロ入りが実現するかもしれませんね。

また、クリーンナップを打つ楠本晃希選手(3年)や2年生で4番を打つ西川愛也選手にも注目です。西川選手は、埼玉県大会はケガの影響でスタメンを外れていましたが、決勝ではスタメン4番でホームランを放ち、甲子園でも活躍が期待されます。

 

2016年夏の甲子園 出場校が決定!!代表校一覧

智弁学園・村上頌樹は春夏連覇&プロ入りなるか!?

高川学園 山野太一の活躍で甲子園初出場!出身中学や他のメンバーは?

創志学園野球部のメンバー紹介!髙田萌生中心に甲子園優勝なるか!?

松山聖陵高校野球部 アドゥワ誠の出身は?母親はバレーボール選手!

Pocket

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 野球